無添加化粧品のおすすめランキング!

紫外線散乱剤とは?紫外線散乱剤との違いを解説!ノンケミに興味ある人は必見!

  • HOME »
  • 紫外線散乱剤とは?紫外線散乱剤との違いを解説!ノンケミに興味ある人は必見!

お肌に影響を与える紫外線は、1年中降り注いでいます。特に紫外線が多い時期は、真夏と思われがちですが実際は5月です。

もうすぐ1年で最も紫外線の強い時期がやってきます。

紫外線は、しみ・シワ・たるみを増やします。

日焼け止めでしっかりお肌を守りましょう。

日焼け止めは、沢山のメーカーから販売されています。

タイプも、クリーム・ローション・ジェル・スプレーなどがあります。

自分の肌や目的にピッタリ合っている物を見つけましょう。

日焼け止めは、成分によって2種類に分かれています

2種類

ケミカルと呼ばれている「紫外線吸収剤」が配合されている物ともうひとつは、ノンケミカルと呼ばれている「紫外線散乱剤」が配合されている物があります。 

おすすめは紫外線散乱剤が配合されている「ノンケミカル」の方です。

紫外線散乱剤の日焼け止め

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、肌に受けた紫外線を散乱・反射させます。

紫外線による肌へのダメージを防いでくれます。

化学変化が起きない分、肌への負担が少ないです。

敏感肌の方のデリケートな肌、肌荒れしやすい人、お子さん・赤ちゃんなどの肌におすすめです。

石鹸で簡単に落とせるものが多いです。

ただ、白浮きや乾燥することがあります。

そして、マメに塗り直す必要があります。

紫外線散乱剤が使われているのがノンケミカルと言われる日焼け止めです。

紫外線散乱剤のメリット、デメリットは次の通りです。

紫外線散乱剤の4つのメリット

・化学物質を使っていない
・石鹸で簡単に落とせる
・肌への刺激が少ない
・敏感肌・赤ちゃんにも使える

紫外線散乱剤の4つのデメリット

・白浮きしやすい
・マメに塗り直す必要がある
・汗をかくと流れてしまう
・塗り心地があまりよくない

紫外線吸収剤は、肌に受けた紫外線を吸収してから放出します。

肌の上で化学変化が起きるため、肌への負担も大きくなります。

肌が赤くなったり痒くなったりというアレルギー反応が起きてしまう場合があります。

紫外線カット効果が高く白浮きしません。

伸びが良く使用感はいいです。

紫外線吸収剤が使われているのがケミカルと言われる日焼け止めです。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の日焼け止めの見分け方

紫外線散乱剤見分け方

では、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が使われている日焼け止めはどのように見分ければいいのでしょうか?

まずは、成分表示を確認してみましょう。

○○ヘキシルと書いてあった場合、合成成分が使われています。

ノンケミカル・吸収剤不使用と書いてある時は、天然成分が使われています。

中には、天然成分と表示しつつ防腐剤、合成香料、合成着色料などの添加物が配合されている物もあるようなので、注意が必要です。

SPF値50など数値が高いものは、海や山、屋外スポーツなどに向いています。

SPF値が高いものは、長時間の紫外線カットは可能ですが、その分肌への負担も大きくなります。

なので、強い日差しを浴びるときや塗り直せない時にはSPF値の高いもの、

通常の生活では肌への負担、ダメージが他よりも少ないSPF値のものを選ぶようにしてください。

具体的な値はSPF15~25です。ノンケミ系に多いですね。

紫外線吸収剤で日焼け止めをしている日焼け止めの特徴

・肌に負担がかかる
・敏感肌や、赤ちゃんには不向き
・紫外線カット効果が高い
・白浮きしない
・塗り心地がいい
・無色透明

紫外線散乱剤が配合されている日焼け止めの特徴

・白浮きしやすい
・乾燥しやすい
・粉っぽい
・こまめな塗り直しが必要
・お肌に優しい
・天然成分使用なので安心

紫外線散乱剤フリー=ノンケミカルの日焼け止めはこの5社から選ぼう!

5社

無添加工房OKADAの岡田ミルク

無添加工房OKADAの岡田ミルク

・SPF20・PA++ ¥3600
・赤ちゃんや敏感肌の人にも使える
・天然原料だけ使用
・石鹸で簡単に落とせる
・安心の紫外線防御力

無添加工房OKADAの公式サイト

HANAオーガニックのウエラルーUV・オーガニック多機能UVベース

HANAオーガニック

・SPF30・+++ ¥4000
・守るー紫外線、ブルーライト、花粉症、大気汚染物質から
・癒すー皮膜感ゼロでストレスがない
・育むー肌の常在菌バランスを整えて自ら潤う

種類はピンクベージュ、イエローベージュの2種類があります

HANAオーガニックの公式サイト

琉白(ruhaku)の月桃UVボディヴェール

琉白(ruhaku)

・SPF50+・PA++++ ¥3600
・乾燥肌、敏感肌に向く
・肌に負担をかけずに徹底的に紫外線対策
・顔だけでなく全身、紫外線対策ができる

琉白(ruhaku)の公式サイト

ブルークレールのUVラグジュアリーデイクリームII

ブルークレール

・SPF23・PA++ ¥4750
・豊富な美容成分がお肌の潤いを長時間保つ
・白浮きやべたつき感が少ない
・オーガニック・無添加でお肌にやさしく

ブルークレールの公式サイト

ノブUVシールドEX

ノブUVシールドEX

・SPF32・PA+++ ¥2000
・臨床皮膚医学に基づいている
・滑らかに伸びて白くなりにくい
・お湯でも落とせる
・化粧下地としても使える

ノブUVシールドEXの公式サイト

まとめ

まとめ

日焼け止めについての情報でした。

UV=紫外線はお肌にとっては大敵です。

日焼け止めは必ず塗りましょう。

沢山のメーカーから様々な商品が発売されています。

化粧下地としても使えるものは、便利だと思います。

外出時は、日焼け止めスプレーをかければダブルガードできます。

ノンケミカルの「紫外線散乱剤」配合の商品を買うときは、防腐剤、合成香料、合成着色料などの添加物が配合されていないことを確認して、自分に合った日焼け止めをお選びくださいね!

関連する記事

PAGETOP