自分の肌を美しく保つために、良い化粧品をつかいたいですよね。

現在、注目が集まっている無添加化粧品ですが、「無添加化粧品の何が良いの?」や「そもそも無添加化粧品って何?」といった疑問を持つ人も多くいると思います。

この記事では、肌に優しいと謳う化粧品を比較し、メリットやデメリットを考えていきます。

無添加化粧品の定義は無い!だから各メーカー・ブランドが独自基準を設定!

無添加化粧品は共通の定義がありません。

しかし、多くのメーカーでは、

・「旧指定表示成分」が入っていない
・特定の成分が入っていない

というような、メーカーが指定した成分が入っていない場合に「無添加」と謳っています。

商品によって、無添加の成分が違います。

無添加化粧品のメリット、デメリット

まずはメリットです。

・肌へのダメージが少ない
・化粧品の効果を引き出してくれる

次にデメリットです。

・別の悪い成分が入っている場合がある
・使用期限が短くなる

無添加化粧品の第一のメリットは、肌へのダメージが少ないです。

一般的な化粧品は、何年も継続的に使用することで、肌に大きなダメージが残ります。

石油由来の化学成分が配合されているからです。

無添加化粧品の第二のメリットは、美容成分がより浸透しやすいので、肌をより美しく健康にすることができることです。

デメリットとしては、無添加化粧品は排除されている成分が違うので注意が必要なことです。

無添加化粧品には共通の定義がありません。

例えば、防腐剤無添加と記載されていても、アルコールが含まれている場合があります。

買う際には、商品の裏に記載されている成分表示に気をつけましょう。

無添加化粧品を選ぶ3つのポイント

無添加化粧品を選ぶをご案内します。

ポイント①:合成界面活性剤がないものを選ぶ

一般的な化粧品では、浸透力を高めるために合成界面活性剤が使われています。

しかし、これらの成分によって肌が破壊されるという逆転現象が起こっています。

肌のバリア力を高めるためにも、合成界面活性剤は避けた方が良いです。

ポイント②:何が無添加なのか確認する

自分の肌に合っていない成分は何なのか見極め、その成分が無添加のものを選んでみてください。

無添加の定義はありませんので、商品によって何が無配合なのかを確認することが大事です。

ポイント③:肌に良いと過信しない

すべての無添加化粧品が自分の肌に合うとは限りません。

多くの無添加化粧品では、無料のお試しセットを用意しています。

自分の肌に合うのか吟味してから使うようにしてみてくださいね。

無添加化粧品とオーガニックコスメの違い

オーガニック、つまり有機栽培で育てた植物を使った化粧品を指します。

オーガニックコスメの認証機関は世界中に数多く存在しています。

共通点は、90%以上が有機植物由来の成分である事を基準にしていることです。

メリット、デメリットは次の通りです。

オーガニックコスメのメリット

・化学物質が使われていない
・肌のバリア機能が向上する

オーガニックコスメのデメリット

・コスパが悪い
・アレルギーが起きる可能性がある

オーガニックコスメは、即効性はありませんが、肌を刺激することなくお手入れできます。

石油系の界面活性剤やタール系色素が使われていない場合がほとんどだからです。

肌に刺激を与えないため、肌本来の力を天然成分が引き出してくれます。

結果として、肌荒れしづらくなるため、効果が強い一般的な化粧品を使う必要がなくなります。

オーガニックコスメのデメリットとしては、安価な成分を使用していないので、比較的値段が高いことです。

ですので、使用する前に、必ずパッチテストを行いましょう。コスメキッチンがあれば、そこでテスターを使わせてもらいましょう!

あと、心にとどめておきたい点は、多くの人は植物由来だけの化粧品の方が肌に良いと思いがちなことです。

ですが、アレルギーやアトピーを持っている人は、自然成分にもかぶれる可能性があるので注意が必要です。

植物エキスが合わない人は、「〇〇種類の植物エキス使用」などと謳っているものは、肌荒れを起こす可能性が高いです。

まとめますと、無添加化粧品は、刺激が少ない化学物質を使わないのですが、オーガニックコスメは有機植物由来の成分を使っているのが違いです。

コスメを設計するにあたっての土台の考え方に違いがあるということです。

無添加化粧品と自然派化粧品の違い

一般的に、「植物の成分を多く配合した化粧品」を自然派化粧品といいます。

実際には自然派化粧品でも、化学成分を使用しています。

メリットとデメリットは次の通りです。

自然派化粧品のメリット

・敏感肌でも使用できる
・ハーブなどのリラックス効果がある

自然派化粧品のデメリット

・定義があいまい

アレルギーやアトピーを持っている人でも比較的安心して使うことができます。

植物由来成分を主体に構成されているからです。商品ごとに成分をチェックするようにしましょう。

また、多くの自然派化粧品では、アロマやハーブエキスを使用しているので、癒し効果を持つやわらかい香りを持っています。

自然派化粧品の定義は、オーガニックコスメよりもあやふやです。

石油系成分によって肌に悪い影響を与えることもあるので注意しましょう。

このように、無添加化粧品は低刺激な化学成分を使っていますが、自然派化粧品は、化学成分と植物由来の成分をどちらも使用しています。